MENU

薄毛シャンプーについて

2016/03/04 14:43:04 |
シャンプーといってもいろいろありますからどれを利用すれば良いのか迷うところだと思います。そこでいくつかポイントを紹介したいと思います。◇どういった方向けなのかシャンプーでも薄毛、抜け毛向けに作られているシャンプーもあれば頭皮環境を整えること、髪のハリツヤなどを重視しているなど様々です。ですからどういった方向けなのかをみて選ぶと良いのではないでしょうか。通販のシャンプーなら公式サイトをみればどういった方向けなのかわかると思います。◇頭皮に優しいのかやはり頭皮に優しいというところは大事なポイントだと思います。頭皮に刺激が強かったりするのは良くないと思います。ですから無添加にこだわっているものやアミ...
2015/11/22 16:11:22 |
パラベンとは旧指定成分のひとつです。防腐剤としての役割を持っています。稀にアレルギーを起こす方がいたり、刺激を感じたりする方がいらっしゃいます。肌に良い影響はありませんので、薄毛が気になる方にとっては、避けたほうが良い成分です。しかし、防腐剤としての役割をもっていますので、パラベンが配合されていないものについては腐りやすいことが考えられます。薄毛の方は、シャンプーや育毛剤などを選ぶときに刺激になりにくいものを選ぶほうが効果的です。だからといって、入っていなければ良いかというと必ずしもそうではありません。アレルギーを起こす心配があるからといって、一概に悪いとはいえません。腐ったものではシャンプー...
2015/11/22 16:11:22 |
最近では薄毛にも良いと言われ、よく目にする機会のあるノンシリコンシャンプーですが、その成分をよく知らないという人も多いようです。シリコンは車のコーティング剤として利用されているのと同じもので、酸素とケイ素が結合したのち有機基が付いた有機化合物となっています。一般的なシャンプーには、この成分が普通に含まれていて、髪をコーティングすることで指の通りが良くなり、髪同士の摩擦が減ることでブラッシングが楽になるなどの効果があります。また、軟膏などにも使われているので、人体への影響はないと言われています。しかし、シャンプーでコーティングをするということは、頭皮までコーティングしてしまうので、薄毛に悩む人は...
2015/11/22 16:11:22 |
市販で販売されているシャンプーの成分表を確認すると「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」と表示されているものがあります。これが石油医系界面活性剤です。ローコストなので大量生産しやすく、消費者側にとっても安く購入することができます。また、泡立ちが良くて洗浄力が強いので汚れをきれいに落として、さっぱりすることができます。しかしながら、洗浄力が強すぎるために頭皮や髪の毛にとって必要な油分まで洗い落としてしまう可能性があり、長期的に使用することによってフケ、かゆみ、炎症などのトラブルを招きます。これにより薄毛が引き起こされたり、悪化する場合があります。ですので、頭皮が敏感な方や乾燥している方、薄毛が気になっ...
2015/11/22 16:10:22 |
一般的なシャンプーは洗浄成分にアルコール系の成分が配合されているために洗浄力が強いので汚れを落とすことができますが皮脂まで落としてしまうので肌トラブルの原因になります。アミノ酸シャンプーは洗浄成分がアミノ酸系の界面活性剤を使用しているために髪や頭皮などへの刺激が少ないシャンプーです。敏感肌やアトピー肌、薄毛、抜け毛などの悩みがある方にも安心して使用できるシャンプーです。昔から使われている石鹸シャンプーは成分が天然成分なので低刺激なことから注目されていますがアルカリ性のため髪がきしんだりパサついたりします。アミノ酸シャンプーは石鹸シャンプーより刺激がありません。アミノ酸シャンプーは洗浄剤種類と配...
2015/11/22 16:10:22 |
薄毛の悩みを改善したいと考えたら、まずは頭皮マッサージが良いと考える人は少なくありません。頭皮の血行を良くしておく事で、発毛や育毛に必要な栄養素がしっかりと、毛根まで届く事になります。ただ、血行を良くしても、髪の毛を育てる為の栄養素が不足している状態では、良い髪の毛が育たない事になります。ですから、髪の毛をしっかりと育てたいと考えるのであれば、頭皮マッサージと同時に、食生活にも気をつけておく事が大切です。髪の毛に良い食品といえば、海藻を意識する人も多いでしょう。ですが、髪の毛を作っている成分の90%以上は、タンパク質です。ですから、タンパク質をしっかりと摂取しておかなければ、良い髪の毛が作られ...
2015/11/22 16:10:22 |
遺伝や生活環境、男性ホルモンなどさまざまな原因のある薄毛ですが、抜け毛や髪の毛を細くしてしまう原因として頭皮環境の悪さも上げられます。薄毛を招いてしまう頭皮環境は食事や生活習慣、ストレス、シャンプーの仕方に問題があるといわれています。脂質の多い食事をしていれば頭皮に皮脂がたくさん分泌され毛穴を詰めてしまいますし、生活習慣が不規則であれば髪の毛が育ち難く、ストレスが多ければこれも血管を収縮させてしまい髪の毛を育てるための栄養が運ばれにくくなります。シャンプーの仕方が悪ければ汚れを落とせず、頭皮の清潔を守れないということも考えられるのです。このような原因での薄毛の予防には、頭皮を髪の毛の育てやすい...
2015/11/22 16:09:22 |
薄毛の原因はさまざまです。その原因の1つにストレスがあげられています。強いストレスを受けると自律神経が緊張し、血管が収縮されるので血行が悪くなります。毛髪の成長のもととなる毛母細胞は、毛乳頭から栄養を得ています。毛乳頭は血中から栄養を得ているので、血行が悪くなると、毛乳頭に十分な栄養を届けることできなくなることで抜け毛が目立つようになり、発毛力も弱まります。成長ホルモンが分泌される時間は午後10時から午前2時ごろまでと言われています。そのため、この時間に良質な睡眠をとると美肌効果だけでなく、髪の成長も促進されるので、発毛力が高くなります。心が不安定になり、この時間帯に良質な睡眠をとることができ...
2015/11/22 16:07:22 |
男性の薄毛の原因の一つに、男性ホルモンの影響があります。これは男性らしい体を作る為に必要なホルモンですが、このホルモンは、ヘアサイクルの乱れを引き起こす働きもあります。毛というのは、生えると、そのまま成長をし続けるのではなく、成長をするのは、成長期の間だけです。成長期の期間、成長を続けたら、その後、抜け落ちるのを待つ退行期に入り、自然に毛穴から抜け落ち、そして次に生えてくる準備をする休止期に入り、また毛が生えてくると成長期になるという、サイクルを繰り返しています。このサイクルが乱れると、髪の毛がしっかりと成長をする前に抜け落ち、また生えてくるという状態になります。ヘアサイクルが乱れると、しっか...
2015/11/22 16:07:22 |
父や祖父の髪の毛が薄かったから、自分もそうなるのだと諦めている人が多くいます。しかし、実際には薄毛への遺伝的要素が占める割合は25%ほどと決して高くはありません。食べ物や生活習慣など、他の要素が75%もあり、親がそうだったから必ず自分もなるというものではありません。薄毛の原因は、酵素が働きかけることで男性ホルモンが変化することです。ホルモンの量は個人差がありませんが、酵素の量には個人差があり、酵素の量が多ければ多いほど抜け毛が増えてしまいます。この酵素をたくさん持っているかどうかが遺伝されることで、髪の毛が薄くなりやすいかどうかがわかります。つい父親の髪の毛を見たくなってしまいますが、この酵素...